妄想ウェディング
「結婚式」にまつわる雑感やさらに、(何故か)昼ドラ感想などの無責任ブログ。
「吾輩は主婦である」最終回 役名は「喪服の男」(だったと思う・・)第40回 7月14日(金) 「こころ」
2006年07月15日 (土) 00:30 | 編集
帰って来たのは
みどり(斉藤由貴)のほうらしい。
どうもみどりくさい。
表情だけで演じ分けられる斉藤由貴はエライ!

みどりに戻って帰って来たと判り
たかし(及川光博)は店いっぱいに置かれた
グランドピアノ
ずりずりと乗り越え(爆 ほんと、邪魔っ)
みどりにすがりつく。

ピアノの上に古本と乗っかって
似合う男、ミッチー。

千円札は肖像戻ってる。

みどりは気が付いたらお墓にいたんだって。
漱石の墓。目に入ったのはあの
送って来た男(本田博太郎)。
役名は「喪服の男」だったような。
彼は墓地の管理人
夏目漱石の墓だった。

遺書を書くことによって
吾輩の人格は自殺=消滅した?のか

みどりの記憶は三ヶ月前でとぎれてた
(まゆみの誕生日)
あら、たった三ヶ月前だったのか。

戻ってきたみどりを家族、ご近所一同取り囲んで
います。人口密度高い(笑)
みどりは吾輩以降に知り合った
小松(岡田義徳)や朝野(高橋一生)や
ももえ(猫背椿)とも初対面。
彼らも勿論集っている。

吾輩はみどり宛にも遺書書いてたのね。
さっきの墓地の管理人が持ってきた。

何故か、みどりはその男に
読んでくれるよう頼む。(読み上げね)

その遺書では、これまでのいきさつが
ざっと書かれていて。
そして吾輩としてやってきたこと
ちよこへの感謝、
たかしのことは性欲の権化呼ばわり(爆)

さらにこの世界で知った新しい味について賛美

出前一丁
プリン
シュークリーム
カルピス

(あと、ピザ、バームクーヘンとかもあったような・・・)

中身の濃い充実した時間だったと。
そしてみどりは間違いなく
幸せであると

心根のいい人間の周りには
心根のいい人間が集うと。

まあそんなような内容でした。

男が読み終わると
万雷の拍手。
(そら、吾輩のナレやってた
本田博太郎さんですから^^
ダレよりも吾輩の遺書を読むのに
相応しいわけで)

彼は拍手で送り出されつつ、
店先のグランドピアノにひっかかる(爆)
下をくぐって外にでてたわ。

吾輩を惜しみつつ
みどりの再来を喜ぶ一同。

みどりは、せっかく頼んで就職してもらった
郵便局をたかしがやめていると聞き驚く
(吾輩が辞表だしたもんねえ)

マンションが未だに売れてないと
驚く
(吾輩が書斎にするから売らないって
言い張ったもんね)

振り出しに戻っていると
なげくみどり。
だけどたかしは
これでいい、
また夢を取り戻せたみたいな
こと言ってる。

でも・・
本当に振り出しに戻しただけなら
(たかし無職、マンションのローンあり)
吾輩はマジで迷惑なわけで(^_^;)

吾輩は主婦である〈上〉 吾輩は主婦である〈上〉
宮藤 官九郎 (2006/06)
角川書店
この商品の詳細を見る


ここでジャンバルジャンの客、
やけに投げやりになってる
見てみたら
あのまゆみの写真とって
テレクラのテッシュに使おうとした?
そして、現在はミュージカルの仕事に
付いてるはずの男。

あの企画がダメになって
原作がひきあげられた?みたい。
もう今となっては脚本なんでもいい
から欲しいよ状態。
でも今から原作権なんてとれないし。

ここぞと売り込むみどり。
なにせ、彼女には吾輩のときに
出版した「吾輩は主婦である」
がある。

さらに条件つける。
たかしが脚本、作曲っていうのが条件。

そうでなければ原作権はやれないと
半ば脅してみどりの勝利。

その後・・
みどりに戻っても
執筆は続けているみたい

ももえは
たかしの後任で郵便局に勤めだした柴田(有吉弘行)
ゆかり(山口真璃亜)
めぐみ(豊田聖亜)とともに
やな家に住み着いてる?

たかしは店先でグランドピアノで作曲。

向かいのやすこ(池津祥子)が

うっせーよっ

そらそーだ。ご近所の家建てこんでるところで
オープンな店先で
グランドピアノひきまくり
なんて

(だから・・・
作曲にはどうしてもグランドピアノなのかっ)

みどりとしては早くマンションに戻りたい
ところ(ピアノも持って)
でも家計は苦しい。

思わず、吾輩に戻りかけたみどり?!
BGMに乗って吾輩ポーズをとろうとしたか?

そこをすかさず腕をひっぱり
われに返らせる
ちよこ(笑)

ところが・・
実は吾輩の本の印税が
入ってきてた。
¥160,000

実は今までも来てたんだけど
ちよこが何故か隠していたみたい。
すべて吾輩の通帳に入れてたそうだ

ソレはペヤングンのDVDケースの
中にかくしてあった?

まず新規で1,000円。(通帳作ったときのね)
次にカード入金30,000円?
そのあとは
キッサジャンバルジャン 67,000
モリトイズミシャ 240,000
カドワカショテン 120,000

などなど。(全部はよく読めなかったよっ)
残高は、1,308,000円。

こ、こんなにー?

パートでウェイトレス、
連載何本か
抱えていたわけだし。

引っ越せる!ローン払える(え?完済はできないよね)
っていうか、グランドピアノ代二百万は
どうした(ちよこが立て替えた分)

そして主題歌が流れ
エンディングにっ

マンション暮らしに戻った
みどりたち。
まゆみ(東亜優)あわててる。
例の千円札からまた吾輩が消えてる・・

誰か別のヒトに乗り移ったのか?!
続編の予感♪(なら、いいな~)

あのグランドピアノはマンションの部屋に収まり
(そんなの置けるなんて
かなり広々して間取りの余裕がある
物件なんだなあ~)

たかしには
ジョンレノンが乗り移った。
(と本人が言い張ってるらしい)

長髪カツラに-○○-メガネ。

ヨーコ!

もう、ポールとは
やってイケナイヨ。(怪しい外人さん風発音)

ジュリアンとショーンは
元気カナ。

リンゴはいいやつダ。

などなど。
でもこれはレノンとしての
ボキャブラリーが貧困すぎる
ことから、
みどりにはバレバレ。

ミュージカルだけでは食っていけないので
平日はレコード店に勤務してがんばっている
らしいたかしであった。

編集者小松、相変わらず原稿取りに来てる。
みどりは、また吾輩がいなくなった
(千円札)
と言うと、
そそくさ帰ろうとする小松
(これは何かの伏線?!)

で、みどりは一旦渡した原稿の
「おわり」を
「つづく」に書き直していたよ!
なので、もう少し話はつづく。

ちよことももえ、
ミュージカル
「吾輩は主婦である」
に行ってきたみたい。
(完成して無事上演されたのね~)

できばえに満足する二人だけど
ちよこの役は年齢より上の女性が
やったのがちょっとアレだったようだ。
(白髪で杖使用)

しかし、ももえの役は
女装の男性だったらしい。
(ぷぷぷ、全員ダレがドレやったか
教えてよ~)

そこにやすこが駆け込んでくる
やっと!ようやく!
自分あての遺書が見つかったって
(あれから、ずいぶんたってるだろっ!!)

場所はなんと、畳の下。
吾輩の部屋の畳はがしたら
でてきたそうだ
(おいっ、ヨソの家の畳はがすなっ)

浮かれてビヨンビヨン(効果音付き)
飛び跳ねる。

早速、開いて
唖然とするやすこ

似顔絵かよっ

紙には
「なまはげ」
とあって
なまはげの絵。以上。

って
やすこさん、
あなた、自分で「似顔絵」って(^_^;)

その絵でこのドラマ終了。
ここでは
「つづく」
が消されて
「おわり」
になってました(;_;)。

月曜からは

「大好き五つ子GO2!!」
がはじまりまーす。
か、そうですか

吾輩は主婦であるDVD-BOX 上巻「みどり」 吾輩は主婦であるDVD-BOX 上巻「みどり」
斉藤由貴 (2006/10/25)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る

「吾輩は主婦である」よりによってグランドピアノ第39回 7月13日(木) 「からだ」
2006年07月13日 (木) 13:29 | 編集
今日もやすこ(池津祥子)宛の遺書は見つからず。
大荒れやすこ。
ももえ(猫背椿)、柴田(有吉弘行)一家分のもあったの

に・・。

たかし(及川光博)は
自分の分を読みはじめる。
とにかく長い。すぐ夜が明けた(笑)

あのミュージカルの思い出話など。
あれって相当みんな念入りで厳しい練習
してたのね(^_^;)
当日出番がなかった柴田(有吉弘行)まで。

そんなある日、
吾輩(斉藤由貴)は、
たかしがミュージックショップの
窓に張り付いているのを発見。
グランドピアノを眺めていたのだ。

遺書を読んだ翌朝、
吾輩からたかしのプレゼントが
届く。それはグランドピアノ。
勿論。
置く場所はない!(爆)
店に置いてあります(^_^;)

あ、例の三四郎賞は落選。
その賞金二百万をあてるつもりだった
吾輩。

そのピアノは着払いだった
(そんな高額な着払いもあるのか・・)

ちよこはしぶしぶ
自分の貯金を支払いにあててくれた。
(ピアノ、返せよっ 笑)

吾輩、さらに失踪前に
勝手に郵便局に辞表を出してた。
勝手に受理されてすでに後任募集されてるし(笑)

さらに吾輩はたかしを
ミュージカルの世界で身を立てていけるよう
勝手にモンナシーヌのテープを持って
レコード屋めぐり?(CDショップか?)
するみたい。

あのグランドピアノ邪魔になって
ちよこは、どんどん本つみあげてるぞ(^_^;)

たかしは履歴書書き。

ねー吾輩を探しにいけよっ!!

と思ってたら、吾輩またはみどりが
店に誰かに連れられて戻ってきた!
なぜか髪には葉っぱ?つけてる。

TBS系愛の劇場「吾輩は主婦である」オリジナル・サウンドトラック TBS系愛の劇場「吾輩は主婦である」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ (2006/06/21)
喝采
この商品の詳細を見る
「吾輩は主婦である」あのせんべいが食べたい 第38回 7月12日(水) 「おうち」
2006年07月12日 (水) 13:29 | 編集
朝野(高橋一生)宛の遺書は
小説のダメ出し
小松(岡田義徳)宛の遺書は
人間性(!)のダメ出し
だったそうだ。

惣菜屋:根本(宍戸美和公)
魚屋:鈴木(青木和代)
豆腐屋:小森(三鴨絵里子)
宛の遺書、
はては亀の漱石宛の遺書もあったのに

やすこ(池津祥子)宛の遺書は
いまだ見つからず(^_^;)

今日はちよこ(竹下景子)宛の遺書。

吾輩(斉藤由貴)になりたてのころ、彼は
プロレススーパースター列伝
を夢中になって読んでて
ちよこに無理やり気分転換に
外に連れ出されたそうで。

プロレススーパースター列伝 (1) プロレススーパースター列伝 (1)
梶原 一騎、原田 久仁信 他 (1996/09)
コミックス

この商品の詳細を見る



夏目坂(漱石の生誕の碑あり)
や帝国大学など見に行ったときの話。
創作意欲を掻き立てられて
有意義だったみたいだ?

そんなところで
一同やっと
遺書読んでないで吾輩を探そう!
ってことで話まとまる。
おそいよっ

フクヤのせんべいって
おいしいのかな?
しきりに食べてたけど。(じゅる)

検索してみたら「毘沙門せんべい 福屋」
というとこの
煎餅が似ていたみたいな。
Powered by . / Template by sukechan.