妄想ウェディング
「結婚式」にまつわる雑感やさらに、(何故か)昼ドラ感想などの無責任ブログ。
こんな結婚式はイヤだⅠ
2005年11月13日 (日) 01:50 | 編集
このお話しは(多分)フィクションです・・^_^;

あるところに嫁子さんというお嬢さんが居りました。
嫁子さんはある日妊娠に気がつき、恋人の婿太さんに打ち明け
なるべく早いうちに入籍することに決まりました。

二人の新生活の準備、出産準備などいろいろ調べていくうちに
大変お金がかかることに気づき婿太さんとアタマを抱えしまい・・

そういえば、ご祝儀って結構もらえるわよね?
そうだ、結婚式をやろう!なるべくケチれば黒字になるよなっ

そう決めたのは6月の頃。
お式をやるとなると、ドレスや演出など追加やオプションを頼みたくなることばかり。そこで引き出物や料理の出費はおさえて見積もりを頼むことにしました。

ご祝儀相場が高いのは親戚です。なるべく両家の親戚をたくさん呼ぶようにしました。また、嫁子さんと婿太さんの友人も社会に出てからかなりたつので相場くらいのご祝儀が期待できるでしょうと、少々付き合いの浅い友達にもすべて声をかけました。

が、親戚は集まりましたけど、友人には声をかけた二割くらいしか出席の返事はもらえませんでした。それでも二人でご祝儀の予想額を計算してみるとなんとかトントンでいけそうですが・・。

どうせなら黒字を出したいワ・・ハネムーンにも行きたいし。
ため息をつく嫁子さん。気に入ったドレスは50万円と少々レンタル代が高いのでグレードを下げればいいのですが、そのドレスをあきらめたくはないのです。

どうした嫁子?

嫁子の父親が娘を見かねて声をかけました。
父親は30人くらいの会社を経営する社長さんです。
嫁子も午前中だけのパート勤務で事務員として父の会社に
勤めています。

婿太は31才、嫁子は29才ともう大人でしっかりしていると思っているので、式のことは全部二人にまかせていたのです。
でも、可愛い娘の願いはなんとしてもかなえてやりたい

俺にまかせておけっ!

父は頼もしく言い放ちました。
次の日の朝礼で、父は

今度娘が結婚するので、皆さんに是非来て欲しい
招待状も追って発送します。

出席の打診ではなく有無を言わせぬ通達でした。

従業員の皆さんは少々びっくり。娘さんは仕事仲間とも言えますが
あまり個人的に交流を持っている人はいなかったし、
入社一ヶ月のアルバイトの女性まで含めての全員招待でした。
また、式は一ヶ月後という急な招待でもありました。
さらに、8月の中旬の式でした。

いろんな部署で以下のようなやり取りがあり・・

ご祝儀どうする?
やっぱり相場はつつまないとダメだよね。
みんな一緒の金額でないとおかしいよね。
じゃあ、3万かなあ。

式の費用は、一人追加で約15,000円。一般的なご祝儀相場は30,000円。
従業員を呼んだ分だけ黒字が出ると言う父親の計算だったのでした。

8月の当日、式は滞りなく行われ
従業員さんたちは一人の欠席もなく申し合わせた結果の相場どおりのご祝儀を持参、
嫁子は運命のお気に入りドレス姿を披露、
参列客達はつつましい引き出物を持ち帰り
嫁子と婿太はヨーロッパにハネムーンに出発したそうです。


こんな結婚式はイヤだ おためし版
2005年10月06日 (木) 00:18 | 編集
こんな結婚式はイヤだシリーズお試し版。

★こんな披露宴会場はイヤだ

マジックで○○会館と書いてあるスリッパに履き替えて入る会場。
振袖姿のお嬢さんも、ロングスカートでキめたご婦人もすべて
スリッパ履き・・

(これ、少し実話です)

★こんなプチギフトはイヤだ

ゆで卵一個ずつ。

(塩もつけてね)

★こんな結婚報告ハガキはイヤだ

ライティングやアングルがあまりにハイセンスでお洒落なので
使われている写真に一枚も新郎新婦の顔がはっきり写ってない

(実際、私が一番気に入った式の写真は後姿のものと、
ベールをもちあげた瞬間をかなりひいて撮影したものでした。
この二枚でハガキを作るわけにもいかず・・(^_^;)

★こんなリングボーイ、フラワーガールはいやだ

コスチュームが仮面ライダー龍騎とプリキュア

(一番のお気に入りだから着たいとか言わないよね)

★こんな新郎新婦紹介ビデオはイヤだ

個人情報保護に留意するあまり、二人以外で登場する友人その他は全部目線、モザイク、ボカシ入り。車のナンバーはもちろん、建物、電信柱あたりもボカされている。

(顔が写らないアングルでの友人インタビューも入れてほしい。
落ち着かない手元あたりアップにして「実は・・二人が知り合ったのは・・・・部活が同じだったんです(絶叫)」など思いっきりたいした事ない内容で)
Powered by . / Template by sukechan.