妄想ウェディング
「結婚式」にまつわる雑感やさらに、(何故か)昼ドラ感想などの無責任ブログ。
「非婚同盟」感想インデックス
2009年04月06日 (月) 16:59 | 編集
「非婚同盟」 エンディング 妄想最終回付
2009年04月06日 (月) 16:18 | 編集
これはエンディングの感想です。最終回の感想は前の投稿になります


主題歌「Liberty」流れる中

Voice of EARTHVoice of EARTH
(2009/03/04)
alan

商品詳細を見る


↑視聴できるよ!

山荘に続く道を
和子と小百合がはしゃぎながら歩いてます
式の服装のまま(コートは着用)手には引き出物持って
足元はヒール。

(なんだ、こんな軽装でこられる
とこだったんだ 笑
今までの人たちの
山登りルックは何だったんだよ!)

和子が二つ袋持ってるようですが
由紀子の分も持ってきてくれたのかな。

********************

伊庭由起子(佐藤仁美)

最初から明確に非婚の意志を明確に
表明してたのに
なんで二部であんなモメたんだろうなあ(^_^;)
ま、ドラマだから♪

伊庭猪士郎(風間トオル)

おもしろいけど、とんでもない人だった(笑)
平等に愛して、セックスも平等だ!
とか鼻高々だったけど
誰も喜んでないっつーの(^_^;)
絹子は愛人作られたことだけでも耐えがたかったんだし
圭子もいずれは妻の座を奪うという野望があったからこそ

伊庭小百合(秋山エリサ)

娘が生まれてから、母親としての切り替えが
きっぱりしててよかったなあ。
三人娘の中で
和花枝が一番まともそうだったのは
小百合が圭子を反面教師にできたからかも

大江和子(李千鶴)

非婚三人娘の中で
癒し系つうか、ホっとする存在。
最初に登場したとき
喪服姿だったせいか
楚々とした女性に見えた
でも、その後どんどん豪快に(*^。^*)

伊庭俊彦 (松尾政寿)

今はアメリカ?
最後の登場とのき
口の軽さにウケた(笑)

伊庭震五郎 (出口哲也)

家系?血筋?そんなものプゲラ!してた
珠世さんにぞっこんになって
付き合ってたはずなのに 20年後には・・・
さてこれからいいお相手は
見つかるのかな。

********************

山荘の玄関にいた由紀子、
二人を見て

まあーあなたたち来たの

********************

鏑咲楠造(菊池隆則)

最後はなんか
いいように由紀子に利用されましたねー
でも本人が喜んでるからいいか!

鏑咲園子(未来貴子)

楠造があんなんじゃなかったら
由紀子もちょくちょく
香菜子の顔見せてあげに
行ったんじゃないかなあ
それを思うと気の毒だったね

伊庭香菜子(西田奈津美)

凛にスープ皿かぶせて
反撃されても互角に戦っていたの見てから
どんなにしおらしくお嬢様らしく
してても、白々しく見えてしまいました(笑)

伊庭和花枝(神崎詩織)

結婚三人娘の中では一番まともそうなので
香菜子とも直美とも
早く縁切ったほうがいい(笑)

大江直美(中浜奈美子)

和子の娘だから
ガラは悪くても
いい子に育ちそうなもんなんだがなあ(^_^;)

諸沢克敏(北村栄基)

うーん。この人は
はじめは下心だけだったけど
香菜子の純粋さ 笑 に接して
心から彼女の愛するようになった
ってことなんですかね

柏木功介(阿部薫)

あんな往生際悪いことしても
最後に登場したとき
好青年面してたのはたいしたもんだ(笑)

井下栃男(高田賢一)

彼もあれから非婚つらぬいたんだろうか
そういえばこの人も由紀子好きだったんだよね

松沢さつき(南波有沙)

土壇場で逃げた人。
正解だったと思う(笑)

常盤サチ(松阪隆子)非婚レンジャー

非婚リーダー→結婚相談所の所長
と、華麗な転身遂げた人。
また震五郎にいい人紹介してあげてね。

沢木涼香(奏谷ひろみ)非婚レンジャー

最後まで黄色い薔薇に残っていてくれた人。
店無くなるこれからのことは考えてはいるけどって
言われても
困っただろうな(汗)

岸部球世(中澤聖子)非婚レンジャー

震五郎と別れた経緯とか完全にすっとばされてる(笑)
この人もさつきさんみたいに
震五郎のライフスタイルに辟易したんだろうか

由紀子に離婚相談しにきた女性(柳下季里)

この人が非婚運動(?)のきっかけに
なりましたね~。
離婚すんなりできたのか、養育費はもらうことできたのか
そこらへんもフォローしてほしかった

湯原えい(山田キヌヲ)非婚レンジャー

離婚してシングルライフ満喫中だった人だが
脱退したのはどういう事情だったんだろう

蓑田恒子(小飯塚貴世江)非婚レンジャー

前髪の人(笑)
このひともかなりバリバリだったけど
脱退の事情は?

奈保子(新妻さと子)

気の毒だった人。
猪士郎頼ったのが間違いだったかも(汗)

苗場朋美(平田マリ)

由紀子に、香菜子のお守押し付けられてた
気の毒な人。さらにはいきなり失業するし
場所もいいし、画廊のお仕事
気に入ってやってたんだろうに(汗)

凛(西方杏)

この人は、もうかなり気の毒でしょう!
ただ楽しく克敏と付き合ってただけなのに。
三人娘が尾行してたときのデートの様子だと
克敏も別にいやいや付き合ってたんじゃなくて
ラブラブだったじゃないか(汗)

まあ、三人娘たちにしてみれば
純情可憐な若い娘が好きになった相手に
あんなお色気ムンムンの女がいたなんて
とっても不当なことに思えたんだろう 

黄色い薔薇にいやがらせにきただけで
キレイに切れたんだろうか。いや、また絡んできそうですね
がんばってほしい♪

鮫島(近童弐吉)

ちょ、画廊に赤ん坊連れてんな!
みたいな顔してたけど
かなり由紀子を助けてくれたよね

河家敬春(志賀圭二郎)

忠雅からの最後のプレゼント
優しさがあふれたカナリアの絵の作者であり
審査に手心加えるために
由紀子に体を要求するようなスケベオヤジでもあり
両立してんのがウケル。

吉岡(安田裕)

現在、伊庭家に住民票だけおいて
ホームレスだったはずだけど
あれからどうしたんだろう?
結構、その後のフォローなしの
登場人物多すぎ (笑)

つうか、触れられてないのは
ドラマ的に「その後」は重要でないってことなんだろうけど(^_^;)

でも、気になる

アランフィリップ(David Ridges)

いかにもうさんくさかったけど(^_^;)
本当の小百合の父親
二度結婚離婚、その後彼女とは結婚したんだろうか

********************

小百合が

あったりまえじゃない

和子が

こんなとこでなにをたくらんでるのか
知らないけどさ(^-^)

*********************

鏑咲忠雅(小林高鹿)

途中でちょっとヘタレ?と思ったけど
由紀子の理想的な恋人でしたね
主要登場人物の男性にはめずらしく
キモい行動がなかった(笑)
そんな人は早死にするのね(涙)

赤座惟子(伴杏里)

そうだよ、この人はどうなったんだ!
俊彦とはとっくに別れたようだけど
それもすっとばされてるし(笑)

岩城美那雄(脇崎智史)

うわーこの人はもう、
ありえなかった、いろいろと。
小百合たちと再会したときは
ちゃっかりマトモに生活していたが
言うことがなんかもう、正直すぎて(笑)

でも、彼は今更小百合と復縁して
和花枝に父親としての責任とろうなんて
まったく考えてないようだから
(小百合だってゴメンだろうし)
あれはあれで誠実と言えるだろうな。

稲村勇(中村圭太)

結局、和子と直美と
一緒に住めるんだろうか。とりあえず
週末だけとか
そういうのがいいんじゃないかな~。

大江弥生(宮地雅子)

和子のお母さん。
まさか逃げたっきりとは思わなかった(笑)

谷本宇佐緒(井田國彦)

二部では小百合口説くため
わざと圭子といちゃいちゃ
あげくに、圭子と・・
なんてキモかったけど
三部ではいい人になってた(笑)

伊庭由起子(林愛夏)少女時代

このころは素直に応援できた。
気持ちの優しい子だったもの。
なんであんな大人になったんだ(^_^;)

小幡小百合(近藤エマ)少女時代

圭子の旧姓は小幡だったんです。
結局、グラス割った(いつの話 笑)
ワビはなかったな。

大江和子(南川ある)少女時代

食いしん坊で趣味が奴隷(?!)
な可愛い子だったな。

伊庭俊彦(本間春男) 少年時代

いくらなんでもギターで
ヒトの頭殴るなんて
やっぱり大人編とは別人だろう、
と思ったら大人俊彦はデートDV(惟子限定だけど)
してたので、つながった(笑)

小幡震五郎(林遼威)子供時代

このころは猪士郎、圭子、小百合、俊彦、由紀子
みんなに可愛がられてた無邪気な天使のような子。
だけど、由紀子の体操着の匂い嗅いでうっとりしてたのは
忘れんぞ(笑)

********************

和子は

アーーーっ!

山荘の部屋に、あの非婚五ヶ条の額が掲げられてるの発見。

********************

小松菅江(寺田千穂)

この秘書さんも、その後はナシか(^_^;)
もっと活躍してほしかったのに

吉松(田原正治)

忠実な猪士郎の部下だったけど
震五郎のことは見捨てたみたいですね。
会社としては正解だと思う(笑)

*********************

小百合は

ついにこの山荘が非婚の館に?!(^◇^)

由紀子は

交渉がうまくいったのよ
もとの父の会社の重役さんに相談したら安く譲って下さることになって

(この山荘は、東亜製鋼の施設だったのです)

**********************

大江周三 (宮内敦士)

一部では妻と娘に
DV、経済DV、モラハラとなんでもござれの鬼畜夫。
妻の弥生も負けてなかったけどね~(^_^;)
二部ではコントキャラで人気者になるとは

小幡福江 (福井裕子)

この人もおもしろキャラだったが
このドラマで一番性悪だったかも(^_^;)

************************

和子は

気が早いねーあんた

由紀子は

新しくパートナーと同居生活する人には
必要ないでしょうけど(*^。^*)

(また意地悪言ってる 笑
実はうらやましい由紀子だった 違)

*************************

飯野テル (松金よね子)

この人も、二部ではいなくなって
どうしたのか触れられてなかったぞ!
一部の最後で
福江と同室のハメになってたハズ。
それが嫌で逃げ出しんだろうか

伊庭絹子(いとうまい子)

死に損だった本当に気の毒な お母様。
俊彦も由紀子も絹子のこと忘れすぎ(^_^;)

***************************

由紀子は

ここで、私たち非婚女性が気がむいたとき遊びに来て
共同生活送れるようにするつもりよ♪

和子が

わたしもくる(鼻息)
ここで暮らす!(^^)!

由紀子が

まあ、ムリをしなくてもいいのよ(^-^)

(いい加減、意地わるヤメレ 
やっぱ性格悪いな 笑)

小百合が

ステキねー
わたしたちの心のオアシスになりそう

***************************

伊庭圭子(三原じゅん子)

1部の圭子さんはホント怖かった、迫力あった。
それが3部ではあんな穏やかないいおばあちゃんに
なるなんて。
可愛い孫に囲まれた満ち足りた生活が
そうさせたんでしょうかね

***************************

ホテルの一室

手紙を手にニマニマしてる香菜子。
旅行準備してた克敏が

明日のハワイ行き、早いからね
今夜は早めに寝ようね。

香菜子は

ねえ、克敏さん、
私たち幸せになれるわね(*^_^*)

克敏は

なれるとも必ず。
このお母さんの手紙に誓って
必ず幸せにする

二人は抱擁。

******************************

山荘。

テーブルにコンビニ惣菜?のようなご馳走を並べられてます

和子が

きれいだったよ、香菜ちゃん

小百合が

あれを見過ごすなんて
母親としては慙愧ということにならないかしら(*^^)

由紀子は

いいのいいの
香菜子は香菜子
私たちは私たちで
子供に頼らないで最後まで自立して生きるのよ

小百合と和子

そうね!そうだよねー

由紀子は

さあ、これから新しい出発が
はじまるのよ(^-^)

非婚五ヶ条の額を背景に
楽しそうな食事風景で終了。

**********************

えっと、由紀子はこれから
この山荘:新・非婚の館で
管理人になるのかな?
ここに引っ越しするのかね。

小百合はまだ仕事があるだろうから
すぐはこれないんじゃ
和子はどうするんだろう。
すっかりここに来ることに決めてるみたいだから
ここで由紀子のパシリするかも?
涼香さんもあとでくるかな。
直美は湘南のマンションに?

じゃあ、東京の伊庭家は
母屋は震五郎一人きり
離れは小百合、和花絵だけになるか?

なんか納まりつかない最終回になったような。
続編でも出てきそうな・・
二時間スペシャルぐらいはあるかも?
そこで香菜子の結婚生活(の破綻 笑)
とか震五郎がゴールインするまで
とか見たいかも

***********************

最後の最後のラストは

和花枝 新五郎 加奈子 直美
小百合 圭子 由紀子 和子

で、リビングで並んで何か言ってる

同じく

和花枝 加奈子 直美
小百合 由紀子 和子 バージョン

同じく

直美 加奈子 和花枝 バージョン

同じく

小百合 由紀子 和子 バージョン

ナニ言ってるのか聞こえませんでしたが
番宣CM?

★★★管理人の妄想最終回★★★

最終回の予告で由紀子の手紙が遺書っぽかったのと
公式の中の人インタビューで非婚派の彼女らしい選択すると
言ってたことから
ズバリ 出家エンド(*^^)v

自分のせいで香菜子の立場を悪くしないように
ひっそりと身をひいて山奥で暮らす由紀子。
そして、非婚女性たちで俗世間に見切りつけた人から
やってきて出家、修行しながら共同生活。

もしかして、惟子さんや凛さんも来てくれたら
いいな、と(笑)

結婚しなかった男性陣も次々出家、
別の場所で寺を作って
震五郎、谷本、吉岡、勇
それから栃さん。栃さんは普段は荒修行してそう。
俊彦もアメリカから帰ったら出家
ジャズ坊主として有名に。

★★★★★★★★★★★★★★★★

で、次回のドラマは
「エゴイスト」
華やか(で、ドロドロ)な展開が期待されます♪



「非婚同盟」感想インデックスはコチラ
「非婚同盟」 由紀子のケジメ 最終回 第65話は「新・非婚宣言」4月3日(金)
2009年04月05日 (日) 15:37 | 編集
由起子(佐藤仁美)は

あなたはこの家を出ていきなさい

(うん、出ていくつもりなんだけど??)

香菜子(西田奈津美)は

エ(@_@;)!

由紀子は

ハワイで式を挙げたあとで
披露宴をしたらいいでしょう
そのためにはこの家を
出ていく必要があるのよ

香菜子は(?_?)

由紀子は

あなたたちだって
披露宴に招待したい
お客様があるでしょう

香菜子は

そんなことできっこないじゃない
あちらのご両親だってものすごく反対なんだから

由紀子は

ひとつだけ手があるの
あちらのご両親もそれなら
いいっておっしゃるんじゃないかしら

香菜子は(?_?)

由紀子はお母さんにまかせないと言って
一通の手紙を書いて香菜子に渡す
宛名は

「鏑咲 楠造 様」

あなたのおじい様への手紙なの

香菜子は

おじい様??

由紀子は

あなたには何も話してなかったけど
父方の祖父で
大きな出版社の経営者、
今は多分会長してらっさると
そこへ行ってこの手紙渡せば
なんとかしてくださるはず

急にそんなこと言われて
ふに落ちない様子の香菜子に
震五郎 (出口哲也)に連れてってもらうように、と

震五郎は

行こう、叔父さんがついてるから
大丈夫だよ(^-^)

香菜子は
でもおかあさんどうして急にそんなこと

由紀子は

あなたたちが愛し合ってるのが
よくわかったから。
さあ、いってらっしゃい♪

震五郎は

叔父さんの結婚は土壇場で
ポシャっちゃったけどせめて香菜ちゃんの結婚は
うまくまとまってほしいからな(*^。^*)

香菜子は母に感謝しながら
震五郎と出発。克敏(北村栄基)とも
途中で落ち合って一緒に鏑咲家を訪ねることになってます。

お久しぶりの鏑咲家。
相変わらず立派な門構えの和風建築です

門から勝手に入った(たぶん)震五郎、香菜子、克敏
玄関前まで行ってから

ごめんください!

と、声かける震五郎。

はーい、と出てきたのは
園子さん(未来貴子)

んまあ、震五郎さん、
震五郎さんねえ

(門に、
インターホンらしきものついてたような気がするけど 笑

まあ

玄関で声かけて
出てきたヒトに
まあーあなたは!
言われないとドラマ的にダメだもんね♪)

震五郎は

お久しぶりです奥様

(あの、20年前
二度とお目にかかりません言ってたよね 笑)

その隣には香菜子、後には克敏。

突然おじゃましまして
もうしわけありませんです

(うん、電話くらいしてから来たらどうだ 笑
まあ、アポなし訪問は昼ドラの基本。
インターホンや覗き穴で
相手確かめないでドア開けるのも基本だしね♪)

楠造(菊池隆則)も丁度散歩から帰ってきたところだそうで
どうぞどうぞ、といそいそ震五郎を中に案内する園子。

そこで、震五郎が香菜子と克敏を紹介。

園子は(@_@;)!

(誰だと思ってたんだろう。
見知らぬ男女が震五郎についてきて
不審に思わなかったのか 笑)

園子、うるうる
香菜子は

おばあさま、香菜子です

園子は こんなきれいなお嬢さんになって。
どうしましょう(;O;)
あなた、あなたーーー

居間。

白髪の増えた楠造も
香菜子との再会に大感激

香菜子は

母から、おじいさまとおばあさまのことを
聞かされまして、もっと早くおあいしたかったんですけど

さらに、連れの男性が婚約者と聞き

そうかそうか、まあかけなさい(*^。^*)

楠造は、よくきてくれた、
園子は、いつも香菜子ちゃんのこと思ってたと

楠造は 

最後に会ったのは歩き始めてまだ
間もないことだった、それっきり
あなたのお母さんとは往き来が途絶えてしまってね

(あたりまえだ。由紀子がやってる店を売春バーなんて
でっち上げ記事を出させちゃ、仕方ないね ^_^;)

園子は、私たちは、あなたを家に引き取りたかったんだけど
それは許してもらえなくて

(あたりまえだ。)

楠造は、生きてるうちに会えて うれしい うるうる

香菜子もうるうる

もっと早く知ってればわたしも

そこで震五郎があの手紙を出して
楠造にお目通しお願いする

伊庭家 リビング

由紀子、小百合(秋山エリサ)、和子(李千鶴)が
ティータイム。

小百合が

そうね、あちらのおじいさまが力になってくださったら
彼氏の両親も折れるかもね

由紀子は

でも、なんとなく複雑な気も
結婚なんかすべきではないと思ってるのにこんなこと

和子が

愛する娘のためには
主義を曲げなきゃいけないってことも、あるの。

***********************

でも、なんかねー。
香菜子と克敏が二人で幸せになるって言ってるんだから
別に披露宴やって向うの両親に認めてもらうため
尽力するこたないんじゃ。

だいたい、向こうの両親はボロ出しまくって
ヒトとして問題アリと見抜いてるわけだし。
こんなふうに話をおさめれば
香菜子は向うの両親と同居することになるんでは(^_^;)

由紀子的には
二人だけのハワイ挙式に快く送り出すだけのほうが
しっくりくるような気もする(汗)

************************

わたしも稲村(中村圭太)と
同居しちゃおっかな~♪

小百合が

えええー本気なの?

和子は

普通の親子三人の家庭生活に
直美はあこがれあるみたいだし
男のいる生活も悪くないかなー

小百合は

今更男の世話なんて
アンタできるの?

和子は

したくはないけどさー
これから年とって
直美も結婚していなくなれば
ひとりぼっちになっちゃうじゃない
それよりも、いまのうちに稲村となら(^^ゞ

小百合は

香菜ちゃんの結婚は夢があるけど
アンタ達の同居なんてただの打算ね
ねえ、由紀子ー
断固反対しなさいよ

由紀子は

・・・・・・

(ン?理解を示してるのかな
と思ったら・・)

鏑咲家。

楠造は手紙を読み終わり

そういうことだったのか。
キミたちの結婚に親御さんたちに
反対しているのかい

克敏は

最初は賛成してくれたのですが

香菜子は

母が横やりを入れたものですから
こじれてしまって

楠造は

そうらしいな、手紙に書いてある

香菜子は

母はもともと非婚論者で
私の結婚には反対だったんです

(でも、由紀子は
克敏と相手の両親に難があって
反対したんであって 汗)

楠造は

由紀子さんの非婚の信念は
かたくってね、
忠雅(小林高鹿)とも結婚してくれなかった
交通事故で命があぶないってときに
なんとか今のうちに籍に入ってほしいと
思って必死に説得したのだが

回想シーン

病院で由紀子に籍を入れるよう
やいのやいの
せまってる楠造と園子

その場から逃げて病室の
意識不明の忠雅にすがって
そばから離れたくないと泣く由紀子

回想終了

(なんか死ぬっていうのに
言うこと聞かないなんてヒドイ女扱いしてたな。
忠雅は事故から一度も意識取り戻してないし
事故前には由紀子と考えを同じくしてたのに。

二人の結婚を望んでたのは
楠造と園子だけだったのに 汗

これはひどかったな。
もうこんな鏑咲家とは関わらないかと思ったら
由紀子は、出産見舞いも受けてたし
命名披露にも招待してたから
寛大だと思った 笑)

死にかけている忠雅のそばを
離れたくないという由紀子さんの気持ちも
今ならわからなくはない

ただ、香菜子ちゃんを鏑咲家の籍に入れられなかったことが
わたしの生涯の痛恨事だ

園子は

でも、香菜子ちゃんがこうして訪ねてきてくれて
私たちには夢のようよ

香菜子は

母は、父を愛してたんですね

楠造は

間違いなく、由紀子さんは忠雅を愛してくれていた

(いちおう、進歩してるね このオヤジ)

香菜子は

それを聞いただけでも
わたし胸がイッパイになってきます

楠造は

愛し合っても、結婚はしないと言っていたんだ

(ところで、ここのリビング
和室にカーペット敷いて
応接セット置いてあるんだけど
スリッパは使わないで
みな足袋かストッキングか靴下なのが
違和感 笑)

あのころにくらべて
由紀子さんも少しは丸くなったんだろう
こうして香菜子ちゃんの結婚のことを
私に頼んできたところを見るとね

震五郎が

社長、なんとか力になってやってくれないスか

楠造は

震五郎、
キミがバカなんだよ

(バカ言われちゃった 笑
しかも、呼び捨て)

香菜子ちゃんには
私と言う血のつながった祖父がいる
そんなことは100も承知のくせに
なぜすぐに連れてこない

******************

んー
そりゃあ
香菜子の母親である由紀子の
由紀子が殺人に関与してるんじゃないかというスキャンダルを
マスコミに垂れこんだり

(小百合と和子もとばっちり。小百合は失職。
しかも、マスコミが押しかけたせいで
興奮した猪士郎発作で死亡)

惟子(伴杏里)が赤ん坊の香菜子を
誘拐してきたら
これ幸いと
由紀子に追及されても知らぬ存ぜぬ
見つからないように惟子に別の場所に連れてかせたり

あの、売春でっちあげの件もあるし
絶縁しかないと思うけど(^_^;)

*******************

わたしはいくらでも
打開の道を探ってやれたのに

震五郎は、

すみません、気が利かなくて

(素直に謝ってる 笑
まあ、モノを頼みにきた立場だし)

楠造は

もう大丈夫だ
可愛い孫娘が婚約者を連れて
私の胸に飛び込んできてくれた
なんでもしてやる、
どんなことでも、してやる(;O;)

香菜子はこの家から嫁にいきなさい
そうすれば克敏君のご両親も
文句はないはずだ

バカップル、感激。

楠造は

うれしいぞ、おじいさまは
うれしいぞ
香菜子ー

香菜子は

おじいさまー

二人は抱擁。

黄色い薔薇。

震五郎が由紀子に今日のこと報告。

それで、いったん鏑咲家に
養女としてもらい受けたうえで
お嫁にいかせたいって
社長はその形にこだわってるんスよ

(つうか、由紀子はそれ狙ったんじゃ?
楠造なら未だに
籍にこだわってるだろうしって)

和子は

将軍家の嫁入りじゃあるまいし
おおげさねえー(*^_^*)

由紀子は、

震ちゃん、ありがとう。

震五郎は

さあ♪これで素晴らしい結婚式になるぞー

ところが由紀子は

私は出席しないわよ


由紀子は

あえて 非婚を唱え続けていた女が
自分の娘の結婚披露宴に
喜々として連なってるわけにはいかないでしょ


一同 エ!

(なんだ、そんなに披露宴もやることこだわったのに
新婦の母親出席しないって?
別に仕方ないかもしれないが
だって
体裁にこだわってそういう形にしたんじゃないのか
それ具合悪いんじゃ

半端にこだわるな 笑)

和子は

わたしはでるよー
香菜ちゃんの花嫁姿みたいもん

由紀子は

わたしそれどころじゃないのよ
来月このお店の契約更新だけど

(エ、いまだに賃貸だったのね)

そろそろ拠点を変えようかと
思ってるの

和子、涼香(奏谷ひろみ)
エ(@_@;)!

由紀子は

この前話したみたいに
これから50代60代になってきて
私たち非婚女性の老後の生き方を考える時期に
来てるんじゃないかとおもうの

和子は

まだ早いよそんなの

由紀子は

今から準備しておいて
おそくないわ
いよいよ心細くなったら
女ばかりで共同生活をおくる
そんな場所を考えたいの

涼香は

なるほどー(*^。^*)

谷村は
いよいよ非婚の看板捨てて結婚かと期待してたのにー

由紀子は

お生憎様 そんなだらしない生き方はしません
老後に孤独になるのが心配だから
それで結婚するなんて
ナンセンス

涼香が

結婚で幸せになれないのは
年とってからも同じだものね♪

由紀子は

だから女同士で老後も楽しく愉快に過ごせる
ソンナ場所を作りたいの

和子が
!(^^)!そんな場所があるの?

と食いついてくるが
由紀子は

あなたには関係ないじゃない
稲村さんと一緒に家庭生活を送るんでしょ

と、意地わる言ってます(^_^;)

レストラン レスポワールでは
鏑咲夫妻と克敏両親の顔合わせが
行われていた タイヘンに和やかでいい雰囲気です。

(最後までこの店を使い倒し 笑)

ナレ

「義父の鏑咲楠造が乗り出してくれたことで
予測したとおり
先方とのこじれた糸は簡単に解きほぐれた

鏑咲家から香菜子を嫁がせるということが
先方にとりわけ快く受け入れられたと聞いて
わたしは反発を覚えたが
あえてなんの意思表示もせず
香菜子の結婚のことは
すべて義父にまかせた」

伊庭家

香菜子が和装の衣装を羽織って見てます
全部、園子が嫁いできたときの衣装を
譲ってくれたんだそうで、めっちゃ豪華な品らしい。

他に、特注のウェディングドレスも仕立ててるの♪
お支度は全部おじい様のところでしていただけるのよ(^-^)

と、香菜子うかれてます。
直美、和花絵 しきりにうらやましがってる。

由紀子が

香菜子、二人だけのハワイでの結婚式をとりやめにしたのは
おしかったわね、それはそれで思い出に残ったでしょうに

香菜子は

だって
ハワイに行くなら二週間くらいは
ゆっくりしたいでしょ、
それならいっそ新婚旅行に行こうってことになったのよ

(ハワイロケ無理だし♪)

おじい様もそのほうがいいとおっしゃるし

由紀子は

そりゃ、おじいさまはそう言うでしょうね

香菜子は明日からしばらく鏑咲家に行っていいか言ってます
楠造たちが式までは一緒に過ごしたいって言ってるんだそうで
由紀子は

ええ、そうしてあげなさい

と、快く勧めてます

香菜子は

おかあさん、今度のことでは
私本当にありがたいと
思ってます
お母さんの配慮がなかったら
こんなにうまくいったかどうか

由紀子は

あなたが幸せになれば、
それでいいのよわたしは

和花枝と直美がウンウン

香菜子は

なります!お母さんは結婚に女の幸せはないと
おっしゃるけど
わたしは、必ず、幸せになってみせます

由紀子は

香菜子・・(*^。^*)
そう願ってるわ

*************************

はああーー?
花嫁のお支度丸投げか(笑)
まあ、向こうの方がやりたいんだろうけど。

由紀子はかつてガンとして入籍を拒否したわけで。
それって、将来にわたって自分から
頼る気持ちもないってことだったんじゃないのか?
とモヤモヤ

でもまあ、由紀子自身でなく孫の香菜子のことなんだし。

見方を変えれば
さんざん由紀子に煮え湯を飲ませた楠造の
家系の存続だの血筋だののこだわりを
逆手にとってうまく利用してやった、ってことで(笑)

香菜子を鏑咲家の籍に入れる、という
悲願を達成で喜んでるだろうな。

でも、すぐ結婚だから
克敏と新しい戸籍を作って
そこに入るわけだけどね~

まあ、鏑咲家の相続人はゲットできたわけで。

(あれから香菜子に見切りをつけた楠造が
別の血縁に相続させることにしたんじゃなかったら)

**************************

黄色い薔薇

テーブル席に、
小百合、由紀子、和子、谷本、震五郎
涼香

が集ってます。
今夜がこの店の最後の日。

(エ、あっさり閉店か)

震五郎は最後と聞いて

でも(・。・;
この店閉めて非婚の女たちはこれからどうするんだ

小百合は

(*^。^*)なにか計画はあるらしいんだけど



**************

由紀子は明らかにしてないのかな?
ソンナ。今ここで働いてる和子と涼香には
キチンと説明してあげてよ!(汗)

**************

谷本は

これからは老後へ向かっての
長いさすらいの道、
結婚を拒否した女たちの晩年は
きびしいかもしれない(*^。^*)

由紀子は

きびしいのは人間みな同じことよ

小百合と和子、ウンウン

由紀子は

私たちはそれを乗り越えていくわ!

和子、由紀子、小百合、涼香は
並んで、最後にテキサスの黄色い薔薇を歌います

(衣装の着替えはナシで)

ショーでちゃんと踊っていたのは涼香だけなので
涼香のフリをみながら非婚三人娘
楽しそうに歌い踊る。

谷村は喜んで手拍子。その横でハンカチで目頭押えてるシンゴロ

(なんであんた泣いてんだよ! 笑

ああ、震五郎はこの店で
いろいろ、ホントにいろいろあったもんねえ
女性関係で。
あ、俊彦と美那雄のチークにくやし涙?!もあったね ^_^;)

店の看板の灯が消えて、閉店。

香菜子の結婚式の日。

式場のロビーに招待客が大量に

(うわー最終回は金かけたね!)

金屏風の前に

克敏母、克敏父、克敏、香菜子の並びで
香菜子は文金高島田
克敏は紋付き袴で列をなすお客様をお出迎え。

直美と和花枝
震五郎、小百合、和子 も次々と挨拶。

香菜子は

・・お母さんは?

小百合は和子と顔見合わせ

あ、(^_^;)
ちょっと遅れてるけど
あとで来るんじゃないかしら

******************

オイ、欠席なら欠席で
しかたないけど
ちゃんと言っとかないと!

ってことは席を用意してあるんだよねえ。
料理ムダになるし
親族席に空席あると目立つんじゃ(汗)

*******************

受付も終わりごろに
由紀子がやっときた

(オイ、やっぱり出席?)

しかしその出で立ちは
これからハイキングですか、みたいな。
しかも肩からデカイ額縁下げてるし(笑)

あの、非婚五ヶ条の額である

(おいっ!これを式場に持ち込んで
変わった余興でもやるのか 斬新だな!)

ちゃんと梱包してればまだいいけど
全部は紙かかってないので
「非婚五ヶ条」の字が丸見え(笑)

受付の女性に

これを、花嫁にわたしてやってくださいませんか

女性は

(?_?)と思いながらも受け取る。

手紙だけ渡して、会場を去る由紀子。
傍を通る人たち不審な大荷物の由紀子に
(?_?)(?_?)(?_?)

披露宴会場。

(披露宴ロケはSocia21 エトワール)


丁度ケーキカットしてます。
香菜子は
ノースリーブに短いボレロで肩覆うデザイン
スカートに沢山フワフワついてます
ウェディングドレスで
ティアラに肘までのグローブ、ショートベール

ケーキが高い!3メートルくらいあるかな?!

お約束の
司会のすすめに前に出る
ワラワラとカメラやケータイ持った
女の子たち。震五郎の姿も

笑顔で拍手する、克敏両親
鏑咲夫妻、和子、小百合

会場が ひと盛り上がりしたところで
香菜子はやっぱり由紀子がこないことが
気になる。視線の先には空席が

(やっぱり^_^;
こないならこないでちゃんと言っとけ!
料理も飲み物もムダになるだろうがっ 笑)

震五郎たちのテーブルでは
とうとうこなかったね、
小百合が

由紀子なりに
ケジメをつけたかったんでしょ、

*******************

いや、キチンと欠席言わずに
披露宴に空席作るなんて(しかも新婦実母の立場で)
ケジメもへったくれもないですから~(^_^;)

それともアレか?
由紀子は欠席言ってたけど
香菜子が席作って待ってるから!
だったんだろうか。

********************

そこで司会の女性が

みなさまー
ただいま花嫁宛にお手紙が参っております

香菜子、怪訝な顔

本日は出席されなかった
花嫁のお母様からのお手紙でございますが
ここでわたくしから披露させていただきます

(これ、サプライズ?!
受付に託された花嫁宛の手紙を
司会者が勝手に読むなんてアリなのか?)

香菜子、克敏の顔見る。

(克敏は意外な顔してないので、コイツの仕込みなのかな?
克敏が先に読んで、司会に指示した、とか
でもそれもナイな。
香菜子あての手紙なのに勝手に先に読むとは
考えられないし。やっぱりスタッフのサプライズかね。
アリエナイ 笑

まあ、ドラマだから。

でも、これ見てカンチガイした人が
よし、自分もサプライズで花嫁への手紙を
呼んでもらおう!きっと喜ばれるお♪

と ねじこんできたらヤだな ^_^;)

「香菜子、
本日はほんとうにおめでとうございます
結婚は女性を幸せにはしないと
非婚を貫いてきたお母さんの娘に生まれて
あなたはさぞかし迷惑だったことでしょう

あなたたちの結婚を間近くみながら
わたしは圭子おばあちゃんが死ぬ前に
言い残した言葉を思い出しています

非婚も結婚も同じこと
幸せになれればそれでいいのだ、」

そのころ、由紀子は
非婚五ヶ条の額さげて、山道歩いてた。
向かっているのはもちろん
あの山荘。

「わたしは幸せに生きてきました
自分の生き方を後悔ありません
今、母親として私は
あなたの幸せな姿を見たいのです」

香菜子は、うるうる

「本当に香菜子が実際の結婚生活で
幸せになっていく姿を
お母さんは心の底から見たいと念じています
必ず
必ず幸せになってくださいね」

香菜子は、(T_T)

克敏、克敏両親、鏑咲夫妻も感銘を受けてるようです
和花枝、直美、震五郎、和子、小百合もウルウル

「お母さんは今、
香菜子の美しい花嫁姿を想像しながら
ひとり祈り続けています
幸せに、幸せにと

         母より」

ここから主題歌スタート!
エンティングの感想は次の投稿で



「非婚同盟」感想インデックスはコチラ
Powered by . / Template by sukechan.